生活習慣病を改善しよう

たばこや偏食、日ごろのストレス等、こういった生活習慣から生活習慣病が生まれます。脂質異常症、高血圧、糖尿病、肥満、通称「死の四重奏」と呼ばれる生活習慣病の代表的なものたち。実際にどうやって改善すればいいのでしょう。

生活習慣病の種類と原因

毎日の生活が豊かになるにつれて様々な病気が現代社会において起きるようになってきました。それが生活習慣病です。
この病気は日常生活による行動の積み重ねが原因としてあげられます。そのため中高年層に多い病気とされてきましたが昨今では若年層にも発症するケースがあります。その発症の原因はどこにあるのでしょうか。

まずあげられるのがストレスです。現代はストレス社会と言われており年齢に関係なく日々ストレスを感じてしまう方が多くなりました。過度のストレスは血圧の上昇、血糖値の上昇を招く恐れがあります。そうなると高血圧や糖尿病になるリスクが高まります。そして運動不足も生活習慣病を引き起こす大きな要因です。交通の便の発達、昔と比較してデスクワークなどの仕事が増えたことにより現代人はあまり運動をしなくなりました。そのため若年層でも食生活の乱れからくる肥満やコレステロール値の上昇が拍車をかけて目立ってきています。他にも飲酒や喫煙、遺伝などもありますが便利で住みよい社会になればなるほど裏には生活習慣病のリスクが高まってきているのです。

それでは生活習慣病にはどのような種類があるのでしょうか。代表的な病気に肥満や高血圧がありますが、実は脳卒中や心臓病もふくまれているのです。脳卒中には脳梗塞やくも膜下出血などの種類があります。これらは高血圧や肥満などのほかの習慣病により引き起こされる病気です。脳卒中は最大の危険因子が高血圧と言うほど血圧に大きく関係しています。なのでその予防のために血圧を低く抑えるよう塩分の摂取をひかえたり、肥満を治すということを一番に治療していきます。

そして今増えてきている習慣病に心臓病があります。心臓病ときくと先天性のものを思い浮かべる人もいますが昨今では不健康な生活の積み重ねが原因となって起きている場合が多いです。心臓病の一つとして虚血性心疾患というものがあります。これは強いストレスを与えられたり。動脈硬化や血栓で心臓に酸素や栄養がいきわたらなくなった時に発症します。動脈硬化も高血圧、肥満が原因で起こります。

これらをふまえて生活習慣病はいろんな原因が絡み合って誰にでも起きてしますことがわかります。大切なのは日々の食事管理と運動管理です。自分は若いから大丈夫だとあぐらをかいて不規則な生活をおくっていれば、いつどこで発症するかもしれません。健康診断で医師に言われたら改善するというのはもちろんのこと、日々の健康チェックも自分でしっかりとしていきましょう。

◇生活習慣の乱れで起こる抜け毛や薄毛にはケトコナゾール配合のシャンプーで対策、改善を!
◇逆流性食道炎治療にも使える薬
胃の問題はネキシウムで解決
◇睡眠とホルモン分泌のリズムを整え、生活習慣の改善に
メロセット
◇良質な睡眠は健康的な人生を送るために必須!
メラトニン